海外ナンパの集合知

-日本人が海外で外国人美女をゲットする方法-

【永久保存版】海外ナンパ「タイ人取扱説明書 後編」たはら氏/寄稿

 

f:id:takiseeedkamen:20180414110644j:plain

 

 

こんにちは、ジェシーです。

 

 

このブログを「海外ナンパの集合知」的な役割にしていきたいなと思い立ち、特別寄稿を頂くことにしました。

 

 

 

今回も引き続き、タイのエンターテイナー「たはら」氏@tahataha4646に寄稿頂いた「タイ人取扱説明書」後編をお届けします。

 

twitter.com

 

前編はこちらの通りかなり反響がありました。僕のブログでも1、2を争うアクセス数を獲得しております。

 

 

 

 

www.pickupasia.club

 

 

 

前置きはこれくらいにしておいて、それではどうぞ。

 

 

お楽しみ下さい。

 

 

f:id:takiseeedkamen:20180311165904j:plain

 

 

[:contents]

 

 

3、タイ人女性とラポールを形成していく際の取扱説明書

f:id:takiseeedkamen:20160811231314j:plain

 

さぁ、バンゲについては前編に述べたように、マイペンライのタイ人だからこそ、驚くほど簡単と説明してきた。

 

しかし、その先にラポールを形成し、アポ、セックスまで持っていくにはもちろんタイ人ならではの取扱方法が必要。

 

この項では、

 

「タイ人とセックスするためにどう和むか」

 

「どのようにラポールを形成していくか」

 

大事な要素を2つ紹介していこう。

 

 

3.1下から関節技を決めるような

f:id:takiseeedkamen:20110716203418j:plain

 

冒頭でも軽く触れたように、タイでは友達、カップル、夫婦、基本的には「女性が引っ張る」。

 

 

パワーバランスも、多くの場合女性が上。

 

 

強く、たくましい男より、ニコニコしながら、着いてきてくれて、優しくしてくれる男の方が間違いなくモテる。

 

 

逆に、だまって俺について来い的な昭和の日本男児みたいなのは一番嫌われる。

 

 

「主導権を握る」ことがテーマで、そういう人こそ、セックスが近づく日本と比べ、タイで重要なのは「惚れさせる技術」ではなく「女の子に気に入ってもらえる技術」。

 

 

自分が主導権を握り「魅了する」ことでなく、感情の生き物のタイ人女性をいかにご機嫌にするか。どう女の子に好かれるか。

 

 

かつ、あたかも相手が主導しているように見えても、いかに表面下でセックスへ誘導するか。

 

 

→相手に優先権を握らせておいて実は握っているというか、格闘技で例えると、マウントから殴らせているようで、実は下から関節技を決めているみたいなイメージ。

 

 

だからこそ、

 

 

女の子のご機嫌を取るトークの展開ができれば、自ずとラポールは形成されていく。

 

 

マイペンライなタイ人。

 

 

素敵な将来でなく、今の感情が大事。

 

 

相手の話を聞き、褒め、今その瞬間、気持ちよくさせるマインドを忘れてはいけない。

 

 

日本以上に相手に喋らせ、楽しい雰囲気で会話を進めていくことがキーポイント。

 

 

アポ時の流れ自体は、日本と大きく変わらない。

 

女の子に、やりたいこと、行きたい所を聞きつつも、横並び→ハンドテスト→ボディタッチ→打診とオーソドックスな流れを丁寧に進めていこう。

 

 

確かに日本同様にグダは存在するが、マイペンライで感情の生き物のタイ人。

 

前編で挙げた、「ブッダグダ」など強固なグダ以外は、一つ理由を付けるとすぐにグダは崩れる。

 

もっと一緒にいたい」

 

「もう少しリラックスして飲みたい」

 

「日本からのお土産を渡したい」

 

 

何かしらの理由をつけると、打診が通りやすい。

 

 

日本のようにそこまで理屈で説得する必要はない。

 

 

雰囲気と、ノリ。

 

 

フィーリング。

 

 

下手に出て、女の子を楽しませることに徹しよう。

 

 

 

 

3.2タイナンパならではのラポール形成への重要なプロセス

f:id:takiseeedkamen:20180311171148j:plain

 

先程、タイでストリートからのセックスを狙うには物理的(設備的?)・宗教的理由で、即でなく準即を狙うことが鉄則だと書いた。

 

 

ここで一つの変なねじれが発生する。

 

バンゲが簡単だが、そのまま連れ出して即を狙うのはムズい

 

→だからこそ連絡先だけめっちゃ増える

 

→その多い連絡先の中からアポを組む段階のLINEのやり取りで準即できる可能性をスクリーニングにする。

 

 

 

…何が言いたいかというと、タイの場合、ストリートといえども連れ出して即が難しい故に、面と面の会話よりLINEのやりとりの方がセックスに結びつくために重要と言えてしまう。

 

 

なので、このタイ人とのLINEのやりとりについて、少し厚めに説明しておきたい。

 

 

その大切なLINEのやりとりにおけるポイントは、ずばり「即レス」だ。

 

 

日本のように、「忙しいアピールのためにあえて焦らす」「すぐ返すとかえって食い付きを下げる」なんてことは全く無く、むしろその真逆。

 

 

感情的なタイ人だからこそ、「今その場で相手してくれている」という事実が食い付きにつながり、勝手にラポールが形成されるのだ。

 

 

さらに、多くの東南アジアの国々も同じかと思うが、タイ人も本当にスマホ・SNSが大好き。

 

 

街で目にする店員、タクシー運転手はもちろんのこと、会社で働いているOLも、警察官だってずーーーーーっとスマホをいじっている。

 

 

特に難しい技術はいらず、きちんとマメに連絡を取ることがラポールの形成に繋がる。

 

◎日本人の場合

 

論理的で、頭が良く、特に日本語ネイティブの日本人同士ということで、個々のバックグラウンドやパーソナリティも含めたやり取りがその後の展開には必要。

 

 

◎タイ人の場合

 

マイペンライで物事を深く考えないタイ人女性だからこそ、「フィーリングとタイミング」が重要になり、必ずしも相手のパーソナリティを深く知り、理解することが信頼関係を結ぶことに不可欠とは言えない。それよりも、即レスを繰り返し、シンプルな小さな呼応の関係を絶え間なく行うことがお互いの信頼度、ひいてはセックスにつながるキーになる。

 

→つまり、「何を話しているか」より、「話している」という事実が重要。

 

 

事実、タイ人女性は、一度関係を築くと、実家のお母さんくらい飯食ったか聞いてくる。

 

 

たはらも事実、ほとんどの会話を、

 

「さわでぃーかっぷ(こんにちは)」

 

 

「たむあらいゆー(今何してるの?)」

 

「きんかおるーやん(ご飯食べた)」

 

で済ましている。

 

 

ここでも特別難しい技術はいらない。

 

 

本当にこれだけ単純な会話を繰り返していくと相手にとって大きな存在に勝手になっていく=セックスにつながる。

 

 

日本でのナンパに比べたら嘘みたいな話だし、腹立たしいくらい適当なやり取りだけどw

 

 

例えるなら、会話のキャッチボールでなく、ノックを受けている感じ?女の子が打ったボールをいかに取るか。

 

 

いかに対応できるかがラポール形成に重要だと覚えていてほしい。

 

 

もちろん、バンゲ時、アポ時の会話も大切だが、さらにここを抑えるとタイ人をゲットする確率がグッと上がる。

 

 

タイではLINEも馬鹿に出来ない。

 

 

日本以上に、タイではこのLINEのやり取りが、直接セックスへと繋がっていくのだ。

 

4、タイ人の貞操観念

f:id:takiseeedkamen:20180311171427j:plain

 

 

もしかしたら、今読んでいる方の中にも、タイ=風俗のイメージから、日本人よりタイ人の方がセックスのハードルが低いような印象を持っている人もいるだろう。

 

 

事実、タイは日本より風俗が目立つし、エロが形骸化しつつあるくらいエロがむき出しに置いてある。日本で生きてきて、こんなにも大胆に道端で女の子にチンコを触られることなんかないし、300人以上の娼婦が海岸沿いに連なることなんてない。

 

 

性へのアクセスは容易で願えばすぐに手に入る。

 

 

ただ、日本とバンコクでナンパをしてきた経験から結論を出すと、総合的な貞操観念そのものは、日本もタイもトータルで同じくらいだと私たはらは思う。

 

 

冒頭にも挙げたように、「ブッダグダ」など、主義主張、仏教、親の教育の影響が超強く、強い意志を持って処女を守っている女の子も一定数いる。

 

 

例えば日本で、20歳を超えた処女がいたとしても、特に強い意思があって処女を守っている子は正直少なく、逆に「処女を捨てたい」焦りを持っている人はきっと多いだろう。

 

 

さらに、タイでは風俗が目につく分、一般タイ人は風俗嬢を思い切り見下し軽蔑するので、逆張りで「私は売春婦じゃないから、外国人から絶対に軽く思われたくない」みたいな考えの子にも出会ってきた。

 

 

売春婦によって下げられた貞操観念の平均も、一部のそのような堅い貞操観念を持つ女の子によって上げられる。

 

 

トータルでは日本同様になるだろう。

 

 

ただ、確かにタイ人は感情の生き物だから、論理的な思考が苦手で、フィーリングで物事を判断する傾向にある。

 

 

貞操観念自体は変わらないにせよ、違いが出る部分は、グダ崩しやセックスのハードルの下げ方にある。

 

 

セックスに対して、「頭で理解する」日本人か、「感情で理解する」タイ人か。

 

理屈ではなく、今その一瞬相手を魅了すること。

 

これが重要だ。

 

 

 

5、タイ人女性とのセックスとキープ方法

f:id:takiseeedkamen:20180311172246j:plain

 

5.1野性的なタイ人のセックス

f:id:takiseeedkamen:20170430105117j:plain

 

ここまで読んで頂いたあなたはもう何となく想像がつくと思うがタイ人のセックスは超情熱的。

 

いや、野性的なセックスをする。

 

もちろん個人差はあるけど、セックスへの没入感が強い、激しいセックスをする。本能に忠実で、自らの快感を野性的に求めてくる。

 

 

ちょっとさっきまでグダってたような子でも、セックスが始まると一点。淫らな獣のスイッチが入る。

 

たはらは、以前、タイ人のセックスを、AVにすると、全員痴女カテゴリー」と例えた。

 

相手の表情を伺い察するセックスをする日本人女性に比べ、「恥じらいがなく純粋に自分が気持ちよくなることをする」感情的なセックス。

 

セックスのスタートも女性からだし、セックスの体位も女性が変えがち。目の前の気持ちよさに夢中になれる。

 

もうお分かりだろう。

 

 

まさに、「女性優位」で「後先を考えない」「感情の生き物」のタイ人の特徴がくっきり表れる。

 

野性的で恥じらいなく求めてくる動物的なセックスを一度経験すると、どこか受け身で恥じらいを持つ日本人女性に物足りなさを感じるだろう。

 

たはらも、既存とのセックスは、基本向こうがしたい時にするし、「まだ自分はフィニッシュしていない」とすぐに2回戦を求められることもあった。(恥)

 

5.2激情型タイ人、セックスのその後

f:id:takiseeedkamen:20110821070241j:plain

 

そんなタイ人、一度セックスまで持っていくと、その愛情の深さ故、ちょっと適度な距離感を保つことが逆に難しい。

 

こちらがキープすることは難しくはないが、むしろ、うまく相手との距離を保つことに苦労するかもしれない。

 

どうしても距離感が近くなるし、日本人のように「察する」文化はない。

 

 

もちろん、真面目に彼女が欲しい人にとっては、こんなにも深く、強く、絶え間なく愛情を注いでくれるなんて最高だが、ナンパ師的には少し距離が近すぎる。

 

 

幸い、たはらは100人以上の経験の中で、距離感を見誤り大きなトラブルに発展したケースは無いが、タイ在住ナンパ師の中では、「コンドミニアムの下まで勝手に来る」「一度、セックスをしただけなのに合鍵を作られ入り浸る」などの話を聞いたことがある。

 

 

日本人女性と同様に考えていると、少し痛い目を見る可能性がある。

 

 

思った以上に、タイ人の愛は深く、直接的。

 

 

うまく付き合う距離感が必要だ

 

 

「彼女」「好き」などといったワードは気をつけて使うように。

 

※ちなみに、タイ人は「世界一の不倫・浮気大国」と言われている。自由恋愛的なヨーロッパの国々を抑え、数ある調査で上位にランクインするほど。自分の今の感情に忠実で、熱しやすいタイ人女性の気質。逆に、あれだけ好きと言っていたはずなのに、急にフラっとどこかに消えてしまうことも少なくない。「感情の生き物」だということをきちんと理解して接しよう。

 

 

6、まとめ

f:id:takiseeedkamen:20180209011804j:plain

 

 

ここまでタイ人の特徴、タイ人をナンパする際のマインドセット等、タイ人と接する取扱説明書になるべく、網羅的に書いてきた。

 

 

タイではナンパの常識、女性の取扱い方が大きく異なり、タイに住んでいる私ですら、まだまだタイ人女性の「アメージング」さに驚かされることが多い。

 

 

それでもタイ人女性は、本当に受け入れてくれる懐が深く、一度、気に入られると、たっぷりと愛情を注いでくれる。

 

そして、日本人には無い、情熱的で、動物的な付き合い方が楽しめる。

 

 

また、ナンパ初心者の方にも、比較的トライしやすい条件が揃っている。

 

 

感情の生き物のタイ人女性には、こちらも頭を空っぽにして理屈でなく感情で接し、深いことを考えず、マイペンライの心を持って接すること。

 

 

それが大切だ。

 

 

日本人とタイ人、大きく異なる故に日本のナンパ知識が足かせになることもある。

 

 

 

アメージングなタイ人の魅力を楽しむために、是非、タイ・バンコクでナンパに挑戦してほしい。

 

 

具体的なナンパ方法・テクニカルな部分は以下のブログに書いている。

↓↓

 

◎バンコク在住ナンパ師が語る、3泊4日のタイ旅行で素人タイ人をナンパしてSEXする方法【完全保存版】

http://bangkoknanpa.hatenablog.com/entry/2017/11/06/210025

 

 

 

これまでの自身の経験と知識を余すことなく、このノウハウと取扱説明書に詰め込んだ。

 

 

隅から隅まで読めば必ずやあなたとタイ人女性のセックスは近づく。

 

 

 

さぁ、あなたも、タイ・バンコクに来て日本とはまた違った魅力を味わってほしい。

 

 

そしてアメージングなタイランドを体感してほしい。

 

 -----------------------------------------

 

後日。

 

本記事を寄稿頂いた後、タイまでジェシーさんが赴き、たはらさんと転生ぴよひこさんにタイナンパの極意インタビューしてきました。

 

ココだけでしか聞けない貴重な非モテ→海外でモテまくる方法が聴けます。

 

note.mu

 

note.mu

 

note.mu

 

 

☆ジェシーブログの人気記事☆

www.abayojapan.com

 

www.abayojapan.com

 

 

www.pickupasia.club

 

www.abayojapan.com

 

www.pickupasia.club