海外ナンパの集合知

-日本人が海外で外国人美女をゲットする方法-

【ナンパから得た人生のメリット】地蔵しない生き方

 
あなたがナンパから得たものは何?
 
 
 
え??
 
 
 
女性に困らない生活、今までと違う刺激のある毎日、非モテだった過去の自分からの脱却、ナンパと平行して始めた筋トレ含む自分磨きなどなど上げればキリがない?
 
 
 
めっちゃわかる。
 
 
 
わかるぜ。
 
 
 
僕もそのひとり。
 
 
 
ナンパから色んなことを学んだ。
 
 
 
時にそれは人生において、必要無さそうなことであったり、悲しく辛いことも多かった。
 
 
 
けれども、多くはポジティブに考えることができ、学びの多いものであった。
 
 
 
さて、タイトルに話を戻そう。
 

f:id:takiseeedkamen:20160310124832j:plain

 
 
 
僕はもう地蔵しないことが当たり前になっている。
 
 
 
これによって、実生活でも良い影響しか無い。
 
 
 
器が小さいのを承知で自分がやったことを誰かに知ってほしい気持ちが半分、もう半分は、ナンパを悪みたいに言う人に対して、こんな良いことにも繋がるよーというのを伝えたいために、こんなツイートをしていた。
 

 
 
 
 
 
 
この記事を読んでくれているアナタは恐らく20代〜30代だと想定する。
 
 
 
 
まあ、これだけ生きていると、1度や2度、事件や目の前で困っている人に遭遇し、助ける機会はあったであろう。
 
 
 
 
かくゆう僕もナンパを始める前に東京という大都会で経験した。
 
 
 
 
渋谷の階段でおっさんが突然ぶっ倒れたのに遭遇したのだった。
 
 
 
 
 
その時、多くの人は勿論スルー。
 
 
 
 
 
「(つ、つめたい。。。)」
 
 
 
 
 
僕は某地方都市出身だが、東京はとても冷たい。と思い、足が止まったことを覚えている。
 
 
 
 
 
しかし。
 
 
 
 
 
僕自身もまた足が止まっただけで、何をするでも無く倒れたおっさんを見つめるだけだった。
 
 
 
 
 
 
「(何とかしなきゃ)」
 
 
 
 
 
 
頭の中はパニックで、何をどうすればいいかわからない。
 
 
 
 
 
そう。
 
 
 
 
 
 
「地蔵」である。
 
 
 
 
 
 
そうこうするうちに4人か5人ほどの人がざわっと集まり、その中のひとりスーツを来たお兄さんがダッシュで駅員を呼びにいった。
 
 
 
 
 
 
それを見て、恐らく大丈夫であろうと判断し、その場を離れた。
 
 
 
 
 
 
 
 
この場面は一瞬の出来事であったが、10年経った今でも鮮明に覚えている。
 
 
 
 
 
 
 
どんな美女とセックス出来ても、シコるために思い出したくても思い出せない低CPUの僕の脳みそにも関わらずだ。
 
 
 
 
 
 
考えるにこの気持は「後悔」であろう。
 
 
 
 
 
「何故、あそこで一歩勇気を踏み出して、助けようとしなかったのか?」
 
 
 
 
 
といった後悔である。
 
 
 
 
 
さて、そんな、過去があったのだが、今ではどうだろうか?
 
 
 
 
 
コトある毎に考える前にその身を動かすトレーニングをナンパで積んだおかげで、この「地蔵」を完全に克服した。
 

 
 
これにより、普段から会社の行き帰り道、ジムの中、マイクで話してくる駅員のお姉さんなど上げればキリがないほど女性との出会いに恵まれることは然ることながら、他にも得るものは大変多い。
 
 
 
先述のツイートに書いていたが、今日だけでも、トイレ後にチャックが開けっ放しのインド人のおっさんに「Hi, It’s open.」と言ったり、エレベーターの前で大量の荷物を持ってもたついているおばちゃんに「May I help you?」と声をかけ10階まで運んであげたり、大きい方のトイレで下から誰かが倒れているのを見かけ店員を呼んだり、などなど、沢山の場面で身体が勝手に動いてくれた。
 
 
 
 
そして、前に書いたような嫌な思い出として「後悔」することが無くなった。
 
 
 
 
多分、もっと沢山色々してきたのだろうがもう覚えていない。
 
 
 
 
 
あ、バックパックを背負っている人のバックが空いている時は基本的に教えてあげるな。
 
 
 
 
あと、女性が空港などでゴロゴロを階段で運んでいたら必ず助けるし(女性だけ)船の荷物を運ぶとき、BBQの荷物などは率先して運ぶようにしている。
 
 
 
これは正直、あわよくば的なことから始まったが、やり過ぎて当たり前になってしまった感がある。
 
 
 
 
なので、至って嫌らしく無く自然に出来るようになった。
 
 
 
 
女性は如何なる人種でも荷物を持ってもらうことをはじめは断ることが多い。ただ、「良いから良いからー」と持って上げると嬉しそうにしている。
 
 
 
 
内心、「(喜ぶなら最初から断るなよ。)」と毎回思っているのはここだけの秘密だ。
 
 
 
 
僕も最近投稿するので人のこと言えないけど、即の報告を上げるのも良いが、こういったナンパがベースで出来るようになった「良いこと自慢」をツイートするのも良いかなと考え、記事にしてみた。
 

 

良いことされたよ!でもいいよね。

 

 
何気にこういったツイートするといいねしてくれる方は一定数いる。
 
 
 
 
良いことエピソードを見て、気持ちがネガティブになる人はいないはず。
 
 
 
 
 
アナタも今日から地蔵せずに出来た良いことをツイートしてみてくれ。
 
 
 
 
僕がいいねするから。