海外ナンパの集合知

-日本人が海外で外国人美女をゲットする方法-

【肌ケア】海外在住ナンパ師が教える海外でも買える「オススメコスメ」3選

 
 
最近、ぼくは筋トレが趣味だったり、ムカつくやつがいたらぶっ飛ばしたいと思い立つほど男性ホルモンが増加している。
 
 
ただ、昔からそうかというとそうではない。
 
 
少女マンガが好きだったり、コスメが好きなキモイ系日本代表男子だった。
 
 

f:id:takiseeedkamen:20180401152225j:plain

 
 
思春期になった時ニキビケアに目覚め、洗顔用の泡をたてることに命をかけ、日々トレーニングしていた。
 
 
1秒でも速く、1秒でも多く、クリーミィな泡を作れるか?
 
 
 
結果として、現在セックスした後の既存ちゃんたちに泡を配給し、喜んで頂くパートタイムジョブも持っている。
 
 
 
 
さて、ぼくの住んでる東南アジアは日差しが強く、日焼けによるシミ・ソバカスが悩みが増える。
 
 
 
外をうろちょろする我々海外ナンパ師にとっては切っても切れない悩みだ。
 
 
 
移住した当初、肌が荒れに荒れた。
 
 
原因は、
 
・移住によるストレス
・新しい職場のストレス
・日光の強さ
・水の違い
 
などなど挙げだすとキリがない。
 
 
 
巷では、化粧水は必要無い。
何故なら、元々人間は自然治癒できるからだ。
 
 
みたいな説も蔓延っているものの信じてはいけない。
 
 
ぼくらはこの20代〜40代までの間にASAP顔面スペックを最大化させ、女性を抱きまくるという壮大な使命がある。
 
 
頼れるものには頼ってチートしよう。
 
 
 
あと、安心してくれ。
 
 
今回紹介するのはお財布に優しいコスパの高い商品である。
 
 
 
資生堂、カネボウ、KOSEなども海外進出しており、空港のデューティーフリースペースでどこでもすぐに手に入るものの、1本200mlで約5000円以上する高級品ばかり。
 
 
 
正直、顔面への投資とはいえ、消耗品にここまで使いたくないのがぼくの本音である。
 
 
 
そこで今回紹介したいのが無印良品様だ。
 
 
 
ご存知、日本人なら知らない人はいないであろう無印良品様。
 
 
 
 
BtoC向けで世界展開に成功している数少ない日系企業のひとつであり、ぼくは海外(フィリピン)から海外(シンガポール)に引っ越しても無印良品のコスメを探して購入するほど、素晴らしいプロダクトだと感じている。
 
 
ぼくが使っているのは3つ。
 
 
1つ目「無印良品 オーガニック保湿化粧液」
 

 

無印良品 オーガニック保湿化粧液 200ml

 
オーガニックという甘美な言葉に踊らされている道化とはぼくのこと。
 
 
どの辺がオーガニックなのかは全くわからない。
 
 
そう。
 
 
初めて、この無印さんのオーガニック化粧水と出会ったのは高校生の頃。
 
 
 
当時、ぼくはお付き合いしていた女性の家に夜な夜な連絡を取り合って忍び込む不届き者であった。
 
 
気分は空き巣そのもの。
 
 
その彼女が「私の元カレたちはみんなこの塀を越えて行ったわ」と彼女の家の庭と隣の畑を分断する約2mの塀を見ながら言ったのを今でも覚えている。
 
 
 
彼女の部屋にあったのがこの「オーガニック保湿化粧液」。
 
 
 
「アナタのナイーブな肌にも合うかも?」と彼女は言い、人生初のコットンパッティングをこの化粧液を使って夜な夜な施してくれていた。
 
 
しかし、これ、匂いがとても強烈で「良薬口に苦し」では無いが臭すぎたことを今でも忘れない。
 
 
ただ、今のプロダクトは全然匂いがしない。
 
 
もしや、あれは無印ではなかったのではないか?と思い悩むほどの強烈な思い出だ。
 
 
匂いは脳の記憶中枢に直結するため、忘れにくいと言うが、まさにである。
 
 
皆さんも相手をキープしたい時は匂いにこだわることをオススメしたい。
 
 
そうそう、オーガニック化粧数の紹介だった。
 
 
ぼくは毎度使用している際にパッティングが強すぎる!と女性に怒られるものの、手にたっぷり出して、完全に顔面に吸収されて手のひらから無くなるまでパッティングする。
 
 
正確には手にも吸収されているらしいがしらん。
 
 
そんな小さいことを気にしないのが漢的コスメの使い方だ。
 
 
ちなみに物価がアジア1高いと言われるシンガポールでも約1.5倍位の価格で買える。良心的。
 
 
日本だと200mlで定価1,700円ほど。これでキレイな肌が手に入るなら、全然高くない。
 
 
2つ目「エイジングケアオールインワン美容液ジェル」
 

 

 

無印良品 エイジングケアオールインワン美容液ジェル 100g

 
100gで約1700円くらい。
 
 
美容液なんだかジェルなんだか、どっちなんだい!?と思ったアナタは賢い。
 
 
いや、賢くない。
 
 
無知だ。
 
 
 
このヘンテコなプロダクトネーミングだが分かる人に分かる。
 
 
これで正しい。
 
 
 
何故なら「美容液」というやつは何かというと「化粧水」ではない。
 
 
別種で定義されている。
 
 
「美容液」は「化粧水」よりも濃厚なお肌に良い成分を凝縮した「ものすごいやつ」のことを言うらしい。
 
 
「化粧水」を光浦靖子に例えると「美容液」はミランダ・カーだ。
 
 
それくらい凝縮されているやつなので値段が張る。高い。
 
 
そこで美容液「ジェル」なのである。
 
 
美容液の成分が入った「ジェル」ということでまあまあ成分が良く、肌に良いっぽい。
 
 
例えるなら、ビビアン・スーといったところか。
 
 
何故ぼくがこの美容液ジェルを知ったかと言うと、一時期美容アカウントをフォローするのにハマったしょうもない時期があった。
 
 
海外ナンパクラスタでも知っている人は多いかもしれないが「はげまして成宮」さんというTwitterアカウントがあった。今検索すると出てこなかったので消えたのかな?
 
 
まあいい。
 
 
オフパコ全盛期の2017年にぼくは海外在住ナンパクラスタ当時フォロワー数300人ぽっちの超弱小アカウントにも関わらず、本当にほんの少しだけ「オフパコ」なるものに憧れた時期があった。ここだけの秘密である。
 
 
当時シンガポールというスーパー狭い日本人村社会で、ましてやナンパアカウントでオフパコなんて夢のまた夢なのだが、まあ人間得てして、そういった隣の芝生は青く見えるらしい。
 
 
結局オフパコオファーなどは来なかったのだけれども、ちょっと違うクラスタであるこの「はげまして成宮」さんがオススメしているこの美容液ジェル知ることができた。
 
 
ぼくは彼女のオススメする「耳に輪ゴムをつけて小顔化する方法」を毎日3ヶ月アホみたいに続けるファンだったので、この情報には歓喜した。
 
 
何故なら、海外でもこの美容液ジェルは買えるからだ。
 
 
 
というわけで、この美容液ジェル、ぼくのような女性とセックスすることしか取り柄の無いやつだけでなく、超有名美容系Twitterアカウントのお墨付きなのだから買わない手は無いだろう。
 
 
 
3つ目「無印良品 乳液 敏感肌用 高保湿タイプ」
 

 

無印良品 乳液 敏感肌用 高保湿タイプ (大容量) 400ml

400ml 1750円くらい。
 
 
ぼくはこれを前述した「はげまして成宮」さんがオススメする鼻筋をつくる方法と組み合わせ、たっぷりと肌に塗り込んでいる。
 
 
東南アジアに移住し半年が経ち、仕事にも慣れ始めてたある日、上記2つのコスメにより肌は綺麗になってきたのだが首の両サイド部分のニキビがどうしてもふとした時で出てくるのを防ぐことができなかった。
 
 
これを調べたところ、紫外線からのダメージにより、吹き出物としてニキビができるらしかった。なので日焼けを極力しないようにするのが良いらしく、それを意識すると、自然と出てこなくなっていった。
 
 
あれ?すまない。日焼けの話しになってしまっていた。
 
 
保湿の必要性だが、東南アジアはアホほど室内でエアコンを使う。
 
 
これにより我々のお肌は砂漠状態になり、気がつくとカピカピになってしまっている。
 
 
これは非常に良くない。そこで、この保湿液だ。
 
 
ローションか?ってくらい塗りたくって、塗り込んでやろう。
 
 
ぼくはもう三十路を越えているため、若返りますように若返りますようにと念じながら塗り込んでいる。
 
 
これが功を奏してか、これまで一発で年齢を当てられたことは無い。
 
 

f:id:takiseeedkamen:20180401154334j:plain

 
 
以上、海外というより主に東南アジア向け記事になる。
 
 
我々海外ナンパ師は多くの子孫を世界中にばら撒くという大いなる使命を日本から託されている現代のサムライだ。
 
 
キングカズ、NBAでいうところのビンス・カーターしかり、長く現役であり続ける選手は見えないところで努力している。
 
 
今日ニュースで40歳になるイブラヒモビッチがアメリカのギャラクシーでデビュー戦素晴らしいゴールを決めていた。
 
 
我々も彼らほどとはいかないまでも可能な限り誇りを持って、肌に液をぬりぬりしていこうではないか。
 
 
そして、いくつになっても素晴らしいゴールを世界中どこでも決めていこう。
 
 
 そういえば、最近酒を呑むのも辞めたのでこういった記事もどうぞ。